【2021年最新版】アガルート宅建通信講座は法律知識ゼロからでも最短合格を狙えるコスパ最強の講座です!

結論を先にまとめると…
  • 印刷版テキスト付きでは業界最安値の受講料29,800円!
  • 令和元年度の合格率55.6%!
  • 定評のあるオリジナルフルカラーテキスト
  • 充実したフォロー制度で勉強が継続できる!
  • 時間のない社会人や費用を抑えたい人におすすめ!

宅地建物取引士(以下宅建士)は数ある国家資格の中でも抜群の人気資格です。毎年の受験者数が20万人を超えるほど多くの人が受験しています。不動産業界に就職・転職するため、あるいは不動産会社でのキャリアアップのため、さらには独立開業のために宅建士の資格取得を目指す人が多いです。

今回紹介する資格予備校の講座はアガルートの『ゼロから合格カリキュラム』です。特徴をまとめてみましたので、宅建試験の合格を目指している方は参考にしてみてください!

【アガルート宅建通信講座】ゼロから合格カリキュラムの特徴

アガルート公式サイトから引用

テキスト付きで『29,800円』は業界最安値!

資格予備校の受講料は決して安くはありません。しかし、最近は多くの資格予備校が参入してきたので価格競争が激しくなってきています。

特にオンライン(通信)講座のみを扱う予備校の参入によって受講価格は安くなっています。

アガルートはその中でも受講料がダントツに安いです。紙媒体のテキスト付きの通信講座としては業界最安値となっています。

「安かろう悪かろう」では元も子もないですが、アガルートの通信講座は他の予備校に比べても講義のボリュームや問題演習が少ないわけではありません。もちろん受講料が10万円を超える予備校はかなりのボリュームの講義や演習がありサポートが充実しています。

でもアガルートは必要十分の講義内容と演習で合格者を出しているので、費用を抑えて合格したいという人には最適でしょう。

 講座価格講座内容
アガルート29,800円(税抜)基礎講義+過去問+まとめ講座+模試
クレアール64,800円(早期申込割引あり)基礎講義+演習+模試+直前対策
フォーサイト66,800円(税抜、送料別)基礎講義+過去問+直前対策
資格スクエア77,000円 (割引クーポンあり)インプット+アウトプット+直前対策
LEC東京リーガルマインド154,000円(早期申込割引あり、通信講座価格)講義+復習(過去問)+模試+直前対策
資格の学校T A C196,000円(早期申込割引あり、要入会金、通信講座価格)講義+過去問+答練+模試+直前対策
スタディング※18,500円(税抜、早期申込割引あり)※紙媒体テキストがないので今回は比較対象外
各予備校の費用と講義内容の比較(金額は原則として税込価格)

LECやTACは通学講座が主流の予備校なので完全通信講座の予備校と比べると価格が高くなっています。アガルート等の完全通信講座の予備校は、教室を設置することによって生じる賃料や人件費等を大幅にカットしています。そのため,業界最低水準の低価格な受講料を実現することができているということです。

講師作成のオリジナルフルカラーテキスト

アガルートの作成するテキストは資格予備校の中でも好評です。講師作成のオリジナルテキストとなっています。紙媒体で送られてくるので何度も読み返したり、書き込んだりできます。

難解な法律知識を理解しやすくするために、図や表をふんだんに利用してます。さらにフルカラーなので視覚で整理しやすくなっています。

充実したフォロー制度で勉強が継続しやすい

通信講座だと、通学講座に比べてフォローが手薄くなってしまうということがあります。その点、アガルートは一人ひとりの受講生のサポートをしっかりと行っている印象があります。

アガルートでは講座専用のFacebookグループあり、そこで何度も質問することができるので安心できます。疑問点が解消するので、勉強も続けやすい環境をつくることができます。

学習に最適なオンライン受講

ひと昔前は、実際に予備校の教室に通ってそこで授業を受けるというスタイルが主流となっていました。しかし、近年オンラインの授業がそれに取って代わるようになっています。

オンライン受講のメリット

  • 場所や時間を問わず授業を受けられる
  • 倍速再生をして時間短縮して受講ができる
  • ダウンロードをすればインターネットがなくても講義が聞ける
  • マルチデバイス(パソコン、タブレット、スマホ)で講義が聞ける

時間がなくて通学講座では受講が難しいと感じている社会人の方は、オンライン受講にすることで時間を有効に活用することができます。

受講生の高い合格率

アガルートは資格予備校としては新規参入の部類に入る予備校です(2013年12月設立)。しかしながら、各資格試験において高い合格実績を誇っています

この宅建試験も例外ではなく、令和元年の合格率は55.6%であり全国平均の3.27倍の数字です(全国平均は17%)。アガルートの基幹講座を受講した合格者を受験者数で除して算出した数字ですので信頼できる合格率です。

アガルート受講生の合格者の声

宅建業界の経験や,法律の知識は,全くありませんでしたが,無事に一度で合格することができました。アガルートの講義を受講し始めたのが6月からになります。比較的,短い期間でしたが,林講師の入門総合講義のおかげで,効率よく勉強し目標を達成することができました。

アガルート公式サイトから引用

たまたま友人からアガルートアカデミーの存在を聞きHPを見ました。宅地建物取引士の講座があること,受講料がお手頃なこと,合格者に特典があることを知り受講を決めました。

アガルート公式サイトから引用

仕事は全くの他業種の為宅建業法にも馴染みがなかったのですが,林先生の良い意味で堅苦しくなく砕けたトークが身近に感じられて良かったのだと思います。林先生の「小芝居」楽しかったです。おかげさまで一発合格の目標が叶いました。どうもありがとうございました。

アガルート公式サイトから引用

合格特典に当てはまる条件に注意

アガルートの「ゼロから合格カリキュラム」を受講して合格した人には、以下のどちらかを選べるという特典があります。

  • お祝い金1万円
  • 全額返金

この2択だとみんな「全額返金」を選ぶのではないかと思いましたが、「全額返金」を受けるにはいくつか条件があることがわかりました。その中でもハードルが高いのは「合格者インタビューの出演」でしょう。このインタビューを受けるには「アガルートアカデミー飯田橋ラウンジ」に行かなければなりません。

しかも交通費は自腹です。関東近郊に住んでいなければ「全額返金」の特典は難しいでしょう。

なお、お祝い金1万円の特典は合格体験記と写真を提供すれば受けることができます。

アガルート宅建通信講座は時間のない社会人に『内容も費用も』おすすめできる講座です

いくつかアガルートの宅建講座についての特徴を挙げてきました。

最大の特徴はテキスト付きの通信講座で業界最安値の29,800円ということです。また、テキストはオリジナルフルカラーテキストで視覚に訴え、知識を整理し理解しやすくなっています。

オンライン受講なので自分の都合に合わせて受講できるというメリットもあります。社会人で時間の制約がある人や、なるべく費用を抑えて宅建試験に合格したい人におすすめの講座となっています。

宅建試験に合格し資格を取ると、資格手当で給与がアップする企業もあります。司法書士や行政書士を取得する前に宅建試験に挑戦する人も増えています。ぜひ宅建試験に挑戦して合格を勝ち取ってください!

タケさん(@takesanblog)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です