【Anker PowerCore Fusion 5000】充電器とモバイルバッテリーの2つの機能を持つ優れモノ

司法書士のタケさん(@takesanblog)です。

今や、スマホと並んでひとり一台持っていて当たり前なのがモバイルバッテリーですね。

https://takesan1.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_1530-1.jpg
タケさん

わたくしも外出するときはモバイルバッテリーを必ず持って行きますね。

旅行や外出が多いワタクシに嬉しい味方となってくれるのが、『Anker PowerCore Fusion 5000』です。

何が優れているかというと、

  • USB急速充電器とモバイルバッテリーの1台2役の機能
  • モバイルバッテリーとしてはコンパクト

旅行や外出するときに『重たいモバイルバッテリーと充電器を持ち歩きたくないな』と感じることはないでしょうか?

かと言って、『移動中にスマホのバッテリーが無くなったら嫌だな』と考えるだけで動悸と息切れがしてきそうです。

その問題を解決してくれるのが『Anker PowerCore Fusion 5000』です。

そこで、本記事では『【Anker PowerCore Fusion 5000】充電器とモバイルバッテリーの2つの機能を持つ優れモノ』について書いていきます。

Anker PowerCore Fusion 5000のレビュー

Anker PowerCore Fusion 5000』の一番の特徴はなんと言っても、

USB充電器とモバイルバッテリーの2役が1台に収まっていることでしょう。

それでいて大きさもコンパクトです。

MacBook Proの充電器と並べても大きさは変わりません。若干Anker PowerCore Fusion 5000の方が小さめです。

重さもほとんどMacBook Proの充電器と変わりませんね。これでモバイルバッテリーの機能が付いてくるのであれば、だいぶコンパクトです。

USBポートが2つ付いています。2台同時充電が可能です。コンセントに挿して充電する時に2台同時に充電できるのは嬉しい機能です。

じゃあ、モバイルバッテリーとしてはどれくらいの容量なのか?

バッテリーの容量は『5000mAh』。

iPhone 11 Pro なら1.1回となっていますが、iPhone 11 Proってそんなに持ってる人いないんじゃないですかね。

わたしはいまだにiPhone 7を使っています。iPhone 7は約2回充電できました(電池の利用頻度によって違いはあるでしょう)。

この充電容量がAnker PowerCore Fusion 5000の唯一の不満ポイントですかね。

やはりちょっと容量が少ないです。大きさがコンパクトですから仕方ないと言えますが、ちょっと心もとないですね。

Anker PowerCore Fusion 5000 実際に使ってみた感想

というわけで『Anker PowerCore Fusion 5000』を実際に使っていますが、旅行や出張に行く人なら持っているとかなり便利です。

旅行や出張なら、モバイルバッテリーの充電が無くなればコンセントに挿すだけで充電できますし、同時にUSB接続して充電器としての利用もできます。

ちなみに、コンセントに挿してスマホを充電している場合、まずはスマホに充電されて、その後にモバイルバッテリーに充電がされます。

もしもの場合にバッテリーが切れたら困りますが、1台2役のコンパクトなAnker PowerCore Fusion 5000を持っているおかげで安心して旅行や出張に行くことができます。

あとはこの大きさで10000mAhくらいの容量があれば言うことなし、なんですけどね。今後のAnkerに期待しています。

タケさん(@takesanblog)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です